60からのしあわせさがし ~bistrotkenwoodの日記

徒然日記、料理教室、学習障害、お一人様、外国との縁

避暑の部屋

今年の夏はほんとうに暑い。まだ8月上旬なのに猛暑日の記録を更新しているという。
そんな中、我が家で大活躍している部屋がある。私が「イチロールーム」と呼んでいる部屋だ。プレイエルのピアノが置かれ、夫が老後に読書など、好きなことをして過ごす予定だった部屋だ。
ヒッチコックの映画(←古い!)ではないが、北北西を向いている。冬の間じゅう陽が射し込まず、それなのに夏は西日が当たって暑い。その為、この部屋を快適に使おうと思うと夏も冬も余分な光熱費がかかる。なかなかいい部屋と思いつつ、使えるのはよい季節の春と秋くらいだ。
ところが、今年の夏の二階は例年にも増して暑い。屋根が黒いスレートで覆われているせいもあって、ともすると外気温より高いのではないかと思うほど暑い。先週も、2階の新しい温度計をみると、午後の気温が日増しに35℃、36℃、37℃と上がっていった。洗面所の蛇口をひねると水ではなく最初にお湯が出る。フローリングは、あたかも床暖房状態。キッチンカウンターも食器もポカポカ。
電力の逼迫と節電が叫ばれていたので、ここまで暑い部屋を冷房で冷やすことに罪悪感を感じた。そこで試しにイチロールームに移動して冷房をつけてみた。もともとそれほど暖まっていないので、すぐに冷える。西日の当たる時間は、シャッターで対応。快適!!
ということで、二階の用事はなるべく朝のうちに済ませ、日中はPCを持って一階に避難することにした。日によっては簡単な昼食も一階で食べた。二階に戻るのは陽が落ちてから。(それでも30℃を割り込まないが)
この夏限定でイチロールームは、私の「避暑の部屋」になっている。

[シンガポール在住の兄嫁がしばらく前に送ってくれた自宅近くの植物園の写真。やっぱりこの季節に映える!]