60からのしあわせさがし ~bistrotkenwoodの日記

徒然日記、料理教室、学習障害、お一人様、外国との縁

思い出昼食会

木曜日に久々に”おもてなし”の昼食会を開いた。といってもメインゲストは母方の伯母。伯母の長男の嫁・Kさんが車で一緒に来てくださった。日頃から行き来がある姪のHさん、そして私の4人ランチ。Hさんが今回の集まりの立案者。伯父は数年前に亡くなり、独り暮らしとなった伯母を囲んで、元気づけてあげたいと夏前からこの日の開催を決めていた。

このところ想定外の雑務が次々と入り、なかなかメニューが決まらなかった。結局、はじめに「A家の思い出」というテーマが決まり、それに合わせてメニューを考えていった。A家は私の母の実家であり、伯母が跡継ぎの嫁として嫁いだ家だ。母の父・二郎氏は一代で個人医院を築き、院長として活躍する一方、様々な趣味で余暇を楽しんだ人だった。私の祖父・二郎氏とA家の思い出を振り返り、キーワードを上げていった。――海の家、週末の家、その庭での栗拾い、柿の実獲り(高枝切りの鋏が懐かしい!)、白樺、医院近くのケーキ屋さん…。

せっかくなので、思い出を言葉にしたメニューを慣れないアプリで印刷してみた。卓上には、先日みつけた祖父が趣味で描いたはがきを飾った。山の木や花などが好きな祖父だった。

そして迎えた当日。車から降りてきた伯母は、コロナで会えなかった間にだいぶ老け込み、目は心なしか虚ろだった。しかし、次第に以前と変わらぬ明るく快活な伯母に戻っていった。伯母に頻繁に会っている私以外の二人に囲まれている安心感、そして、食事前、私の母の米寿記念に作ったアルバムも「なつかしいわ~」と話題の引き金になった。

食卓へ移り、キーワードに触れながらお料理を出すと、キャッチボールのように、それにまつわる伯母の思い出を話してくれた。お嫁さんのKさんには申し訳なかったが、楽しそうにしゃべる伯母を横からそっと眺めていてくれた。

デザートの冷菓は作ったが、医院の近くで今なお開いているお菓子屋さんから取り寄せたパウンドケーキを添えた。華やかで繊細なケーキが主流の令和の時代に、昭和40年代にワープしたような素朴でありながら丁寧に作られたお菓子。病院界隈の話題でひとしきり盛り上がった。伯母の目はキラキラと輝いていた。

自己満足とも思うが、開催してよかった!この集まりを提案してくれたHさんに心から感謝している。そして、送迎も含めて来てくれたKさんにも感謝。

――くだんのケーキ屋さんから一緒に取り寄せた焼き菓子の詰め合わせをお土産に(「母からみなさんに」といって)差し上げたのだが、夜、Kさんからのメールに、ご主人(伯母の長男)が、包装紙まで昔のままのお菓子に「なつかしい~~」と喜んでいたとの嬉しいコメントが書き添えてあった。やはり私だけではない「A家の思い出」の一つだったのだ。(余談だか、くだんのケーキ店は九段にある、笑)

 

 

 

 

菅前総理の弔辞

安倍元総理の国葬が大過なく終了して早3日が経つ。所用に追われ、ブログをすぐに書けなかった。

日が経つほどに鮮明によみがえってくるのは、菅前総理の弔辞だ。公人の公的な場での弔辞で、こんなに心に響いた言葉はないかもしれない。胸にささり、涙した。亡くなる前の10ヶ月、安倍総理にお仕えし、偲ぶ会では総理から身に余るお言葉を賜った遺族だから余計なのかもしれない。

国葬では、元官房長官でも前総理大臣としてでもなく、友人代表としての弔辞。菅官房長官が「女房役」として安倍総理を支え続けられたからこそ、最長期政権が実現したのだということを、弔辞を伺って確信した。そして「この総理のためならば(命を賭してお支えする、お仕えする)」と決意させる「もの」を持った安倍総理でいらしたのだと改めて思った。少なくとも夫は、一公務員の立場として、病と闘いながら命を賭して最後の日までお仕えした一人だった。

 

 

臨場感?

生後三か月の赤ん坊もいる息子家族4人がロンドンに到着した二日後にエリザベス女王が亡くなられた。4歳児もいるし、自分たちの生活を立ち上げるので精一杯だろうと思ってこちらからの連絡は控えていた。

今週になって、事務連絡がいくつかあったのでラインしたついでに国葬に触れた。ロンドン郊外の住宅街に住んでいるから、臨場感は薄いようだ。「テロの危険もあるし、中心部には近づいていないし、現地のテレビを契約していないし…」と嫁のHさん。初めての海外で、24hr赤ん坊とお兄ちゃんの世話に追われていたら、ネットの(日本の)ニュースをフォローするゆとりなどないだろう。

それでもHさんが上記の写真を送ってきてくれた。町の至る所にこうした写真が掲げられていて、人々が喪に服している様子がうかがえるそうだ。

前回のブログに掲載した切手に体現されるように、英国民の心と目に、エリザベス女王の存在が刻み付けられているだけに、その喪失感は想像に難くない。

ところで「テレビ受信契約をしていないし」とのコメントを読んで思い出したことがあり返信した:

>>>現地にすんでいると、かえってそんな感じかもね。

今回とは全然違うけど、80年代のバンコクで「王宮周辺でクーデター発生」という騒動になっても、私たちがすんでいたスクムビット通り辺りは普段通り。

あと(当時の)王様のお母様が亡くなられたとき、国葬に近い葬儀があったけれど、それも情報ゼロ。(タイ語だけのテレビだったから、やはりTVを持ってなかった!新聞もしかり。ネット時代のずーっと前だったし)<<<

現地に住んでいると、言葉の壁もあるし、治安の情報も少ないし(特に息子家族はまだ土地勘もないし)…、ロンドンといえども、こういうときはむしろ外出を控える…

ーー往々にしてこんなものなのだと思う。

エリザベス女王と英連邦

一昨日、エリザベス女王の国葬が厳かに執り行われた。かつて世界に君臨した歴史をもつ大英帝国の、それもご在位期間が70年にわたる君主であられただけに、世界の多くの国と人々にとって喪失感は大きい。

今回、久々に「英連邦」という言葉を頻繁に耳にする。かつてイギリスが宗主国であった国々はその後独立しつつも英連邦に帰属している国が多い。

この言葉の響きが懐かしい。というのは、親の仕事の関係でロンドンで生まれ、一歳半で帰国したのだが、父は帰国後、外務省の英連邦課に勤務したと認識している。幼児なりに言葉がある程度わかるようになった幼稚園時代、「エーレンポー(カ)のおしごと」というセリフを家の中でしばしば聞いていたからだ。まるで漫画のキャラクターか花の名前(キンポーゲ、キンレンカ?)のようなお仕事をしていると思ったものだ。かなり後になって、漢字表記を知った時は「そうだったんだ!」と苦笑してしまった。

幼児期、父は「エーレンポーカのおしごと」で時折、海外出張した。そして、出張先から家族に絵葉書を送ってくれた。カラーテレビもない時代、異国の絵葉書はおとぎ話の国の景色のように見えた。そして、思い出すのがそこに貼られた切手。多くの切手の隅に、女王様の横顔が小さめに描かれていた(冠をかぶっているから、幼児でも女王様とわかる)。あるいは、切手自体が女王様の肖像画。子ども心には「なんでどれもこれも同じなの。切手一面が素敵な絵で、お顔はない方がいいのに」と思えた。その肖像こそ、書くまでもないが、エリザベス女王でいらしたわけだ。

この度の国葬とそのご生涯の報道に接して、こうした幼児期の思い出が懐かしくよみがえってきた。私が生まれたときには、既にご即位されていて、その後今日まで英連邦の君主としてご在位されてこられたことに、改めて畏敬の念を感じずにはいられない。すでに21世紀が20年以上経っているのだが、女王の死去とともに20世紀が遂に幕を閉じてしまったような寂しさを感じている。

[断捨離で古いものはかなり処分したが、切手帳を一冊だけ残してあるのを思い出した。

上の写真は、香港、マルタ、そして英国(お城シリーズという切手らしい)、下は全て英国]

 

 

切れ目がない…

この一ヶ月間、非日常的なことが相次いだ。9/6に息子家族がロンドンに旅立ったことは前回書いた。その前の八月半ばに兄嫁のお母様が緊急入院され10日後に帰らぬ人となられた。海外から駆けつけた兄嫁を始め、家族全員がしっかりと意識のあるお母様と最期の別れができたことが救いだ。その一週間後に母方の伯母が亡くなった。どちらも80代半ば、やはりあっという間のことだった。

息子たちが出発した夜から入れ替わるように兄嫁が隣の家に移動してきて4泊した。そもそも隣は兄夫婦の家。彼らの海外生活が長かったので20年近く母が「占拠」していた。

紙切れ一枚に至るまで捨てない戦争体験者ゆえ、家中、ゴミで溢れていた。8月半ばから何度目かの片付けをスタート。母がホームに入って以来、幾度も片付けをし、大量のゴミを出しているのにまだまだある。

兄嫁が来てからは、彼女の意見をききながら更に品々を選別。というのも、息子たちの出発の翌9/7に兄の帰国の辞令が出たからだ。母の「残骸」をどかさないと兄夫婦がまともに生活すらできない。(クローゼットも引き出しも、母が健在なのでそのままだったのだ)

ようやく暮らし始められるところまでこぎつけた。ヤレヤレだ。

よくきくセリフだが、実家の片付けの苦労は、子どもたちに負わせてはいけないと切に感じる。

息子の出発から半日で兄嫁が、そして一ヶ月後には夫婦二人で本帰国する。「切れ目のない」という言葉を政治家の口からよく聞く:「切れ目のない安全保障」「切れ目のない支援」等々。かけ離れた次元の話だが、8年前に夫を亡くして以来、見事なほど切れ目なく身近に誰がいてくれている。振り回される要因になっていたのも事実だが、ありがたいことであると思っている。

 

息子家族の旅立ち

9月6日に書きかけたブログを遅ればせながらUPします。
***********
今朝早く(9/6)息子の家族がロンドンへ向けて出発した。4歳のJくんと、出発二日前に3ヶ月になったばかりのベビーもいるので、空港直結のホテルに前泊し、当日は6:30にチェックイン。8:47に「これから出発します」と息子からメールが届く。パンパンに膨らんだ荷物も超過料金無しでクリアできたらしい。
その二日前の夕方、息子家族は、賃貸アパートを引き払って、重いトランク二つをころがして我が家に到着した。バァバの再三の手伝いオファーは断られてしまい「夕食と宿泊をよろしくたのむ」と。嫁のHさんのご両親が引っ越し当日の子守りと掃除を手伝ってくださった。
我が家に到着した4人は、夏中かけてすご~くハードな引っ越し準備をくぐり抜けてきた筈なのに、家族揃って普段と変わらぬ元気な様子、若いってすごいな~と実感。
Jくんもいつものように機嫌よく、彼からみてもストレスが少なく、本人なりに納得・楽しみにしているロンドンへの旅立ちなのだろう。自分が生まれてから5年近く暮らしたアパートが目の前で空っぽになっていく光景は、子どもの目にはかなり衝撃的だっただろうに、前向きに受け止めているところが頼もしい。
暑いなか、自分の分担として、重いリュックを背負って電車とバスを乗り継いでやってきたのだが(バァバとしては「なんでタクシーにしなかったの?!」とびっくり)、「このリュック、重いんだよ~」と会うと同時に発した明るい声と、引っ越しの一員として自分のタスクを全うしている誇らしげな表情が印象的だった。
夕食は娘も合流して家族6人で楽しく、彼らが我が家で過ごした20時間ほどは、かけがえのないひとときとなった。
息子家族の固い絆と明るい表情を見て、海外生活初めてのHさんとJ君にとっても「これなら大丈夫!」と確信した。
***********
――ロシア上空を飛行できない直行便のため、所要時間は15時間。満席に近い状態だったらしいが、息子が昨年から住むアパートに無事に到着できたとの一報がHさんから入った(深夜の授乳タイムに送ってくれた)。夜が明けてから息子からもラインが届いたが、パパママ異口同音に「こどもたちがおりこうさんでいい子にしていてくれて、思ったほど大変でなかった。二人に感謝」と伝えてくれた。
異国の地で、さい先のよい新生活のスタートとなってヨカッタ、ヨカッタ!

[エアポートリムジンバスを待ちながら]

火球!

昨夜、生まれて初めて火球をみた。

今朝のニュースでご存じの方も多いと思うが、昨夜7時半ころ、東海関東のかなり広い範囲で南の空に火球が見えた。流れ星が大気圏に突入し、非常に大きな光を放つ現象らしい。専門家によると海に落下した筈だという。

ちょうど夕食の支度が出来て食卓に着く直前に、目の前の南向きの窓のブラインドを閉めようと窓際に立ったとき、二軒の2階建ての家と家の間のあまり広くない空間を緑の明るい光が左から右へと横切ったのだ。

この季節なので、漠然と「 花火???」とおもった。近くの広場で誰かが個人使用の大きめの一発を打ち上げたのかな?と。そのようなイメージのきれいな緑の大きな光の玉だったのだ。考え事をしていたせいもあるのだが、後から思い返せば、垂直ではなく、横に動く光、その上、花火に伴う音もしなかったのだから、不思議に思ってよかった筈のに、そのままスルーしてしまった。なにしろ「火球」という存在すら知らなかった。

夜遅くのニュース報道をみて驚いた。早速ネット検索もし、緑の光と言及していたので「これだったんだ!」と4時間近い時差ののち、すごく感動した、笑。

そして今朝になっても感動の余韻は続いた。朝、ブラインドを開けながらいつものように外を眺め、そこから見える空の狭さと、その狭い中を通過する瞬間に窓辺に立っていた偶然に我ながら驚いた。

Lucky Star――このところ大小さまざまな心配事を抱えているせいもあり、私にとっては幸をもたらす星に思えた。だって普通の流れ星とは比べものにならないほど大きく明るかったのだから!

杞憂はきっと良い方へと向かっていくだろう、「大丈夫!」と、今朝のからりと晴れ渡った空を眺めながら確信し、明るい気持ちになれた。