60からのしあわせさがし ~bistrotkenwoodの日記

徒然日記、料理教室、学習障害、お一人様、外国との縁

千両

昨日で今月の教室が終わった。

一夜明けて早速室内あちこちのしつらえの片付けに取り掛かった。教室の間はお正月風の飾りのままにしてあったが、さすがに気が引けた。洗面所の細い棚は例年と変わらぬ飾りだったが、壁の絵だけは今年は違っていた。

昨年、母の家を片付けた際にもらってきた小さい額を、年末に偶然みたら千両の絵だった。鑑賞するゆとりがないまま軽い気持ちで飾った。

今日取り外す前に初めてゆっくりと眺めた。そして小さな絵に思わず見入り感慨に浸った。さまざまな思いが脳裏をよぎった。

まず、この絵と句の作者は、実父が師事していた江國滋氏であることに気づいた。もしやと思って検索したら「滋酔郎」は同氏の俳号だったのだ。このところNHKの日曜朝の短歌と俳句の講座をなんとなく見ているので、俳句と父の距離が私の中で少し縮まっていた。今朝も番組を見た後だったので、絵の彼方に父・敏夫の面影が浮かんだ。「吐志朗」は師匠がつけてくださったものだと初めて納得した。

そしてまた、暮に気を留めずに読んだ句が、きょうは胸にズキンと響いた。先週、友人のご主人様が急逝された。まだお若く、直前まで普通にお元気にされていらしたのに。一昨日お通夜に伺い、現実の残酷さと悲しみの大きさに心を痛め、私自身の中でその悲しみを引きずっていた。「ひとつぶごとのいのちかな」……一粒一粒が尊い命なのだ。それなのに、夫の命が儚く尽きたように、また一粒、風もないのにこぼれ落ちてしまった。この額を手にしながら、悲しみの中の友人に思いを寄せ、ご主人様のご冥福を改めてお祈りした。

※たった今、江國滋氏は夫よりも一歳早く62歳というお若さで、夫と同じ病で亡くなれたことを知り衝撃を受けている。ますます想いが錯綜し、言葉にならないままに気持ちだけがますます沈む。千両も万両もおめでたいはずなのに…

 

 

 

抱負

新年になり、はや半月が経ち、暦どおり寒さが一段と厳しくなってきた。

今年2回目の書道教室では、先週休まれた80代の男性の方が希望した言葉を先生が葉書に書き上げられた。

余計なコメントは一切不要な直球の言葉だ。

高齢者の仲間入りして初めて迎えた新年。これから毎年、心のなかで唱え続けていくことだろう。

倫敦2023

ホームに暮らす91歳の実母が、元日に書いたそうだ。

「クヰーンなきロンドンと

そこに住み始めた孫一家 想う

幸あれ!」

母は結婚まもない1950年代半ばに、夫である父とロンドンに赴任し、兄と私を年子で出産する。そして、1/4世紀後、父の最後の任地もロンドン。

初めての海外生活がイギリスであり、その時には既に若くてチャーミングなエリザベス女王が王位に就かれていた。そして、最後のイギリスではお目文字叶う機会もあったようだ。

そのエリザベス女王が昨秋、96歳のご生涯を閉じられた。そして偶然にも、そのわずか二日前に孫のK家族四人がロンドンに到着した。

元日にスタッフから突然小さな絵馬を渡されたとき、母の頭で自然と紡がれた言葉なのだろう。ちなみに母は「『ヰ』でなくてはダメなの。発音が違うのよ」という。

さて、昨日は私の書道教室の一日目。新年の一回目は、受講生各自が考えて(葉書に下書きして)いった字や言葉を作品に仕上げてプレゼントしてくださる。私は毎年、その時に頭に浮かんだ言葉をお願いしている。コロナ下の過去二年は、「災転福来」、「安泰」など。さて令和五年は??… 

頭に浮かび書いていった下書きを先生が素晴らしい作品に仕上げてくださった。師走に見つけたうさぎの年賀葉書が導いてくれた言葉であり、先生の誠意あふれる字だ。

「倫敦(ロンドン)」という漢字への私のこだわりを生かしつつ、漢字一文字の孫たちの名前を大きく。下書にあった「令和五年正月」は割愛し、子ウサギたちが映える一枚になった。

すぐに写メしてロンドンの息子たちに送った。「素晴らしい写真をありがとうございます!」とさっそくお正月の孫たちの写真と共に返事が届いた。

絵馬も葉書も私たち家族にとって、2023年お正月という時間を切り取るかけがえのない宝物となった。それも卯年生まれの夫が生きていたら72歳の新年という特別な年に。

 

正月映画

正月映画というと明るく娯楽性の高いものを連想すると思う。映画三昧の正月だったが、ちがった。新年始めの二日間に娘がチョイスした映画を三本観たが、二本は重かった。前述のとおり、1本目は元日の朝、まずは劇場で鑑賞。「ラーゲリより愛を込めて」は無実の罪でシベリア抑留を強いられた元日本兵たちの実話に基づいた話だ。その深く重くそして悲しい内容に心が揺さぶられた。正月早々に観ようと思う人は少数派だと思うが(それでも私たち以外に20名ほどいただろうか)、敢えてチョイスした娘に意外性とまじめな側面を感じた。以前も、長崎の原爆を題材とした「母と暮せば」を二人で映画館で見た。嵐のファン、俳優・二宮和也のファンであるからだけではない気がする。

私は日頃ほとんど映画を見ない。だからこそ娘は、連続で泊まりにくる時は、いつもDVDを2-3本借りてきてくれる。二日の午後に観た二本目の映画は「浅田家!」。やはり二宮君主演だ。これも実話だが、ラーゲリと対極の明るく楽しい内容。だが同時に、家族とは?家族写真の持つ意味とは?失いたくない最も大切な思い出とは?と再考させられる。東日本大震災の津波による被害と被災者たちも描かれているから尚更だ。写真整理協会関連の講座の中でたびたび話題に上った実在する浅田家の家族写真。ようやく「このことだったのか!」とわかった。紹介してくれた娘に深く感謝。

同日夜に観た三本目は草彅剛主演の「ミッドナイトスワン」。再び暗くて重い。現代社会の闇を赤裸々に描き、観る人の心が天秤にかけられているような緊張感があった。

二日間で三本見終えてみて、エンタメというよりも、ボールをずっしりと受け止めたような心境だ。そしてこの三本をチョイスした娘――障害者手帳を持つ娘――にとって、映画(や漫画)は、娯楽となる一方で、社会や歴史を仮想体験的に学ぶ教科書の役割を果たしていたのだということに、いまさらのことのように気づかされた。

心を何度も揺さぶられ、多くを考えさせられ、それでもなお、娘と二人で鑑賞する楽しさをひときわ味わえた今年の正月休みだった。

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

我が家の2023年は、六本木ヒルズで始まった。年末年始の五日間、初めて娘のYと二人だけで過ごしたのだが、せっかくだから、家族がいたときにはできなかった過ごし方をしようということになった。娘のリクエスト映画「ラーゲリより愛をこめて」を元日の朝一番に観にいくことに決定。上映開始はなんと9:10!大晦日には紅白を娘の解説付きで最後まで見る予定だったので、母は内心(はやすぎ!)と思った。しかし結果は大正解。映画館はガラガラ、娘好みのレストランは予約席が取れなかったにも拘らず、並ばずにすぐに窓際席に案内された。窓のスクリーン越しに東京タワーを望みながら、おしゃれなカクテルで新年の乾杯! そして映画で泣きはらした眼の腫れがひいた頃合いから、ハイセンスな空間で母娘デートをたのしんだ。

今年は一体、どんな年になるだろうか?コロナもウクライナも終息できるだろうか?どうかこの正月休みの日本晴れの空のような穏やかな2023年になりますように!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

[ヒルズのランチタイムに友人から届いた画像。正月の富士山、やっぱり最高!]

シングルベル🎄ーーまかないディナー

クリスマス・イブ、やっぱり作ってしまった、(笑)。

教室(と試作)で6回もクリスマス・メニューを作ったので、終止符を打ったつもりだった。その上、明日招かれている友人宅のクリスマス・パーティーで急遽、料理の手伝いが入ったので今日は忙しかった。

明日の買い出しでスーパーにいき、ふと見ると、かわいい丸鶏が私を呼んでいる。扱ったことがない小さい1kgサイズ。気がついたらカゴに入れていた。試作やバックアップ食材などが残っているから、今夜のために他には何も買う必要がない。

夕方、明日の料理と持ち物の用意が終わったところで、いざミニ・ローストチキンに挑戦!

実は先週末、本当は友達が三人来たときに作ろうと思っていた。ところが、日程が教室の翌日に変更になった為に、さすがに無理で断念。レシピもいくつかダウンロードしてあった。クリスマスは私のなかで終わっていたにもかかわらず、ローストチキンだけは不完全燃焼だった。

結局レシピは参考程度で、テキトーに焼いてみた。途中で、一年前に少し冷凍で残してあった小布施の栗があることを思い出し、投入してみた。

残り物のラ・フランスやブルーチーズなどで簡単サラダ。

短くなったキャンドルに灯をともし、🎄をライトアップし、Alexaのクリスマス・クラシックがBGM。賄いクリスマス・ディナーの始まりだ。

おひとりさま用だから見てくれも何もないが、やはり丸焼きは美味しかった。小さいから、ホワイトミート(胸肉)とレッドミート(モモ肉)の両方を盛り付けて食べられた。小布施の栗は、一年たっても美味しさを留めていて、賄い鶏を一気にクリスマスプレートにグレードアップしてくれた。友人からいただいた美しいチョコレートが唯一の高級なごちそう。濃いNespresso☕と合わせて、終わりよければ全てよし!

キャンドル消し専用の道具で炎を静かに消すとロウソクの煙が脇からゆらゆら上った。最後にツリーのライトを消し…、我が家のクリスマスはこれで本当に終った。

日記まつり

今月半ばに、第二回日記祭という一日限定のイベントに行ってきた。下北沢にある月日屋という日記専門の本屋&カフェが主催。hatenaブログは今年からこの祭を協賛しているそうで、このイベントの案内が届いた。

秋ごろ、hatenaブログに「あなたの日常を綴ったブログを応募してください。応募作品を冊子にまとめて日記祭で配布します」とあったので、気楽に選んで送った。すると、忘れた頃に冊子に収録することになったとの知らせを受けた。選抜するほど集まったのかすらわからないが、掲載してもらえるのは素直にうれしい。当日だけ無料配布・限定冊数を先着順に配布・販売はしない・注文もできないという。

土曜日の料理教室の翌日だったが、朝から頑張って出掛けていった。せっかくならば一冊欲しい。それ以上に、他の人たちはどんな日記を書き、そしてどんな日記が選ばれたかを読んでみたかった。

線路の跡地に作られた今風の「路地」。両側に小さな飲食店やショップがブロックを無造作にずらしたように並ぶ。その前に小さな机がところ狭しと点在し、冊子に仕立てた自分の日記を積み上げて売る人々。飲食用のテーブルも置かれている。晴れ渡った空の下、人々はゆるゆると散策。足を止めて日記を売る人と会話していたり、クラフトビールや食事を友人と楽しむ人もいる。さながら大人の文化祭だ。

私はというと、まずはhatenaブログのコーナーに直行。青空店舗ではなく、屋根のある店の中に開設されていた。そしてくだんの無料の冊子をゲット。

後ろを見ると、隣接する空間でトークショーが始まっていた。主催者の月日屋の店主と日記の研究をする大学助教授らしき人。「人はなぜ日記を綴るのか?」大きなテーマながら軽やかな対談で、腰を下ろして面白く聞き入った。

非日常の不思議な午前中となった。ほどよい数の人びとが日記という共通のテーマのもとに集まり、思い思いのかたちで楽しんでいる。こんなにいいお天気の日曜日、他に行くところも、やることもいくらでもある筈なのに。それ以上に、日記を書いたり楽しんだりしている人がこれほどたくさんいること、特に、紙媒体の日記帳が今でも多種多様に存在し、愛用者が多くいることに感銘を受けた。ブログももちろん立派な日記だし、私にぴったりのありがたい記録媒体と思っている。書き続けていこうと背中を押してもらった気がする。

[四畳半ほどの月日屋では、新旧様々な日記や関連本、日記帳が売られていた]